葉酸を摂りすぎる過剰症になる?

錠剤

葉酸は摂れば摂るほどいいのか?

葉酸は私たちの体を作る上では欠かせないものです。葉酸が足りなくなると、赤血球が正常に機能しなくなり、その結果立ちくらみや貧血のような症状が出る場合があります。

さらに人間の粘膜を正常に保つ役割もあるので、不足すると口内炎を繰り返したり、一度なるとなかなか治りにくかったりします。

また妊娠中に葉酸を摂る事で胎児の先天性障害のリスクが減らせる事がわかっています。

最近では妊娠中に葉酸を摂取する事は多くの産婦人科などでも推奨されています。

よく体に良いと言われるとその食品ばかり食べる人がいますが、葉酸は摂りすぎても大丈夫なのでしょうか?

葉酸を摂りすぎるとどうなるの?

一日に必要とされる葉酸の量は成人女性で1mgとされています。

妊娠中は多めに摂らなくてはいけないと思いがちですが、妊娠中も1mgが適量なのです。

この量を毎日、野菜だけで摂るのは難しいかもしれません。

なぜなら葉酸はブロッコリーやほうれん草などの緑色の野菜に含まれているのですが、熱や水に弱いので調理の段階でほとんど失われてしまうのです。

野菜に含まれている葉酸の成分の半分は調理の段階で失われているのです。

ブロッコリーやほうれん草を生のままで食べるのは通常難しいですから、普段の食生活で葉酸が含まれている野菜をたくさん食べても摂りすぎるという事はまずないのです。

もしたくさん葉酸を含む野菜を食べてしまっても、葉酸は水溶性のビタミンなのでほとんど汗や尿から排出されてしまいます。

気をつけなければいけないのは葉酸サプリを摂取する場合です。

食品から毎日葉酸を摂取するのは難しいため、最近では葉酸サプリを飲む人が増えてきており、様々な葉酸サプリがでていますよね。

サプリは効率よく葉酸を摂れるので便利で良いのですが、成分が凝縮されているため、飲みすぎると葉酸の過剰摂取になってしまいます。

葉酸はサプリで摂りすぎると、体が栄養を消費しきれず、体に悪い影響を及ぼす心配があります。

体のかゆみや呼吸困難、発熱、蕁麻疹などを起こす場合があるのです。

体に良いものでも、摂りすぎるとかえって悪い影響を及ぼす場合がありますので特に成分の濃いサプリの過剰摂取は気をつけましょう。

葉酸を適量摂るために一番いい摂取の仕方は?

一番いいのは決められた量のサプリを飲む事です。

体に良いからといって自己判断で勝手に飲む量を増やさない事です。

決められた量を守っていれば過剰摂取による症状を発症する事はありません。

食品からも葉酸を摂って、サプリからも摂ったら過剰摂取にならないのかと心配するかもしれませんが、食品から摂った葉酸は半分以上、体に吸収されずに体外に排出されるので、その点は気にしなくても大丈夫です。

通常サプリ1粒に0.4mgの葉酸が入っている事が多いので、説明証をよく読み容量を守りましょう。