葉酸不足になる原因は何?

葉酸は野菜からは摂りづらい

野菜

人間の体を作る栄養素の中でも葉酸はとても重要な働きをしています。

葉酸が足りないと、貧血のように立ちくらみが起こったり、口内炎になりやすくなります。葉酸は皮膚の粘膜を保護したり修復する役割もあるからです。

さらに妊娠中は葉酸を摂る事で胎児の先天性障害のリスクを減らせる事もわかってきています。

妊娠中などは特に食生活に気をつけている人も多いと思いますが、葉酸は野菜をたくさん取っていても、意外に自分が思っているほどは摂れていない場合があります。

葉酸は水溶性のビタミンなので、食べたものすべてが体に吸収される訳ではなく、2割ほどは汗や尿として排出されてしまうのです。

葉酸は調理に気をつけないと栄養が逃げてしまう

葉酸が含まれている野菜はモロヘイアやほうれん草、ブロッコリーなどです。

サラダにするにしても、生のままではなく、食べる時に加熱してから食べますよね?

実は葉酸は水や熱に弱い性質をもつので、水で洗って、加熱するという調理の段階で半分ほどなくなってしまうのです。

たとえばモロヘイヤ100gで250μgの葉酸が含まれていますが、一日に必要な葉酸は480μgと言われているので普通に考えれば200g食べればいいと思いますが、調理の際に半分ほどなくなる事を考えるとその倍の量を食べなければならないのです。

これを毎日続けるとなると難しいですよね。

一番いいのは生のまま食べる事ですが、ものによっては難しい場合がありますし、最近はサラダ用のほうれん草なども売られていますが、生の状態だと量が多いので一日に必要な量を毎日食べるのは大変です。

葉酸不足にならないために

バランスの良い食事をする事はもちろんですが、それでも毎日食事だけで葉酸を摂取するのは大変です。

それに食事の場合、いちいちグラム数を測って調理する訳ではないので、実際に葉酸がどれだけ食品に含まれているのかわかりづらいですよね。

毎日、確実に必要な葉酸を摂取するにはどうしたら良いのでしょうか?

一番効率の良い摂り方はサプリメントで摂取する事です。

サプリには葉酸の成分が凝縮されており、毎日、小さい粒を飲むだけでいいので誰でも簡単に続けられます。

妊婦の方の中にはサプリに含まれる添加物を気にする方もいるかもしれませんが、葉酸サプリは妊娠中に飲む事を想定して作られているものばかりなので、胎児に悪影響はないので心配はいりません。

逆に葉酸が足りないと胎児に悪い影響を与える恐れがあるので、サプリで確実に葉酸を摂取した方が安心です。

気をつけなければいけないのは、体にいいからと言って必要以上に摂取しない事です。

食事などで葉酸を摂りすぎる事はまずありませんが、サプリの場合は成分が濃いので、決められた用量以上、長期間飲み続けると、吐き気や発熱などの症状がでる場合があります。

葉酸は足らなくても、摂りすぎてもいけません。

適量を守って健康な体を維持しましょう。