葉酸不足になる原因は何?

葉酸は野菜からは摂りづらい

野菜

人間の体を作る栄養素の中でも葉酸はとても重要な働きをしています。

葉酸が足りないと、貧血のように立ちくらみが起こったり、口内炎になりやすくなります。葉酸は皮膚の粘膜を保護したり修復する役割もあるからです。

さらに妊娠中は葉酸を摂る事で胎児の先天性障害のリスクを減らせる事もわかってきています。

妊娠中などは特に食生活に気をつけている人も多いと思いますが、葉酸は野菜をたくさん取っていても、意外に自分が思っているほどは摂れていない場合があります。

葉酸は水溶性のビタミンなので、食べたものすべてが体に吸収される訳ではなく、2割ほどは汗や尿として排出されてしまうのです。

葉酸は調理に気をつけないと栄養が逃げてしまう

葉酸が含まれている野菜はモロヘイアやほうれん草、ブロッコリーなどです。

サラダにするにしても、生のままではなく、食べる時に加熱してから食べますよね?

実は葉酸は水や熱に弱い性質をもつので、水で洗って、加熱するという調理の段階で半分ほどなくなってしまうのです。

たとえばモロヘイヤ100gで250μgの葉酸が含まれていますが、一日に必要な葉酸は480μgと言われているので普通に考えれば200g食べればいいと思いますが、調理の際に半分ほどなくなる事を考えるとその倍の量を食べなければならないのです。

これを毎日続けるとなると難しいですよね。

一番いいのは生のまま食べる事ですが、ものによっては難しい場合がありますし、最近はサラダ用のほうれん草なども売られていますが、生の状態だと量が多いので一日に必要な量を毎日食べるのは大変です。

葉酸不足にならないために

バランスの良い食事をする事はもちろんですが、それでも毎日食事だけで葉酸を摂取するのは大変です。

それに食事の場合、いちいちグラム数を測って調理する訳ではないので、実際に葉酸がどれだけ食品に含まれているのかわかりづらいですよね。

毎日、確実に必要な葉酸を摂取するにはどうしたら良いのでしょうか?

一番効率の良い摂り方はサプリメントで摂取する事です。

サプリには葉酸の成分が凝縮されており、毎日、小さい粒を飲むだけでいいので誰でも簡単に続けられます。

妊婦の方の中にはサプリに含まれる添加物を気にする方もいるかもしれませんが、葉酸サプリは妊娠中に飲む事を想定して作られているものばかりなので、胎児に悪影響はないので心配はいりません。

逆に葉酸が足りないと胎児に悪い影響を与える恐れがあるので、サプリで確実に葉酸を摂取した方が安心です。

気をつけなければいけないのは、体にいいからと言って必要以上に摂取しない事です。

食事などで葉酸を摂りすぎる事はまずありませんが、サプリの場合は成分が濃いので、決められた用量以上、長期間飲み続けると、吐き気や発熱などの症状がでる場合があります。

葉酸は足らなくても、摂りすぎてもいけません。

適量を守って健康な体を維持しましょう。

不妊は男性にも原因がある?

男性

不妊の原因が男性にもある場合は意外と多い

最近は、不妊に悩む夫婦も増えてきました。

よく女性の年齢が原因と言われる場合が多いですが、実は男性が原因の場合も多いのです。

不妊に悩むカップルのうち、3割は男性側に原因があるとされています。

原因は様々ですが、そのうちの一つに「葉酸不足」というのがあります。

よく、葉酸は妊娠中の胎児の先天性障害のリスクを下げると言われていますが、それは男性の場合でも言える事なのです。

葉酸が不足すると、細胞分裂が正常に行われない場合があります。
そして細胞分裂が正常に行われないと、染色体異常で妊娠に繋がらなかったり、妊娠しても流産してしまう可能性があるのです。

この事はあまり知られておらず、女性が妊活のために葉酸を摂取する事はあっても、男性で意識して葉酸を摂取している人は少ないと思います。

しかし、妊娠を望んでいるのなら、女性だけではなく、男性も体に必要な栄養素は意識して摂取するようにしましょう。

男性不妊で原因がわからない場合は葉酸不足の可能性もあります。

効率の良い葉酸の取り方は?

葉酸は、ブロッコリーやほうれん草などの緑色の野菜に多く含まれています。

しかし、熱や水に弱い性質なので、調理の段階ですでに半分は失われてしまうのです。

そのため食事からでは十分な葉酸を摂取するのは難しいのです。自分がどれだけ葉酸を摂取できているのか把握しずらいというのもありますよね。

そこでおすすめなのはサプリです。

実は食物からよりも、サプリの方が葉酸の成分が体になじみやすいようにできているのです。
確実に必要な量を効率良く摂取する事ができます。

女性の場合、一日に必要な葉酸は400μgと言われていますが、男性の場合はその半分ほどで良いと言われています。

飲み始めるタイミングですが、男性は精子を作るのに時間がかかるため、3ヶ月前からの摂取が望ましいとされています。
吸収を良くするために、食前の摂取がおすすめです。

葉酸サプリの良いところ

最近の葉酸サプリには、他の栄養素もたくさん入っているものがあります。

葉酸はビタミンB12などの成分と一緒に摂取する事で、より効果が上がるのですが、そういった相乗効果のある成分も一緒にサプリに含まれていたりするものもあるのです。

男性不妊を改善するためには、葉酸以外の栄養素も必要です。

基本はバランスのとれた食事が大事ですが、そのサポート役として葉酸サプリをおすすめします。

葉酸を摂りすぎる過剰症になる?

錠剤

葉酸は摂れば摂るほどいいのか?

葉酸は私たちの体を作る上では欠かせないものです。葉酸が足りなくなると、赤血球が正常に機能しなくなり、その結果立ちくらみや貧血のような症状が出る場合があります。

さらに人間の粘膜を正常に保つ役割もあるので、不足すると口内炎を繰り返したり、一度なるとなかなか治りにくかったりします。

また妊娠中に葉酸を摂る事で胎児の先天性障害のリスクが減らせる事がわかっています。

最近では妊娠中に葉酸を摂取する事は多くの産婦人科などでも推奨されています。

よく体に良いと言われるとその食品ばかり食べる人がいますが、葉酸は摂りすぎても大丈夫なのでしょうか?

葉酸を摂りすぎるとどうなるの?

一日に必要とされる葉酸の量は成人女性で1mgとされています。

妊娠中は多めに摂らなくてはいけないと思いがちですが、妊娠中も1mgが適量なのです。

この量を毎日、野菜だけで摂るのは難しいかもしれません。

なぜなら葉酸はブロッコリーやほうれん草などの緑色の野菜に含まれているのですが、熱や水に弱いので調理の段階でほとんど失われてしまうのです。

野菜に含まれている葉酸の成分の半分は調理の段階で失われているのです。

ブロッコリーやほうれん草を生のままで食べるのは通常難しいですから、普段の食生活で葉酸が含まれている野菜をたくさん食べても摂りすぎるという事はまずないのです。

もしたくさん葉酸を含む野菜を食べてしまっても、葉酸は水溶性のビタミンなのでほとんど汗や尿から排出されてしまいます。

気をつけなければいけないのは葉酸サプリを摂取する場合です。

食品から毎日葉酸を摂取するのは難しいため、最近では葉酸サプリを飲む人が増えてきており、様々な葉酸サプリがでていますよね。

サプリは効率よく葉酸を摂れるので便利で良いのですが、成分が凝縮されているため、飲みすぎると葉酸の過剰摂取になってしまいます。

葉酸はサプリで摂りすぎると、体が栄養を消費しきれず、体に悪い影響を及ぼす心配があります。

体のかゆみや呼吸困難、発熱、蕁麻疹などを起こす場合があるのです。

体に良いものでも、摂りすぎるとかえって悪い影響を及ぼす場合がありますので特に成分の濃いサプリの過剰摂取は気をつけましょう。

葉酸を適量摂るために一番いい摂取の仕方は?

一番いいのは決められた量のサプリを飲む事です。

体に良いからといって自己判断で勝手に飲む量を増やさない事です。

決められた量を守っていれば過剰摂取による症状を発症する事はありません。

食品からも葉酸を摂って、サプリからも摂ったら過剰摂取にならないのかと心配するかもしれませんが、食品から摂った葉酸は半分以上、体に吸収されずに体外に排出されるので、その点は気にしなくても大丈夫です。

通常サプリ1粒に0.4mgの葉酸が入っている事が多いので、説明証をよく読み容量を守りましょう。

鉄分とヘム鉄の違い

ひじきで鉄分

よく鉄分が体に良いと言われますが、「ヘム鉄 」とはどのように違うのでしょうか?

鉄分には大きく分けて、「ヘム鉄 」と「非ヘム鉄 」があります。

非ヘム鉄はほうれん草や小松菜などの野菜や、ひじきなどの海草に含まれています。

ヘム鉄はレバーや赤身のお肉、あさりなどなどの貝類に含まれています。

この二つの大きな違いは、体への吸収力です。

非ヘム鉄は体への吸収が悪いので、毎日、野菜などをたくさんとっても意外に足りていない事が多いのです。

一方で、ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて体への吸収力は5倍になります。さらに胃腸にも負担がかからない構造なので、非ヘム鉄 よりも体に優しい栄養素といえます。

鉄分を多くとるためには、ヘム鉄の摂取をおすすめします。

葉酸とヘム鉄は同じくらい大事な栄養素

葉酸は、胎児の先天性障害のリスクを減らしてくれます。
それ以外にも皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるので、私たちの体には必要不可欠なものです。

同じくヘム鉄も、特に女性には大事な栄養素です。

妊娠中は血液が優先的に胎児に運ばれるため、貧血になりやすいので、多めにヘム鉄を摂取する事をおすすめします。

また、授乳中の場合も、血液は母乳に変わりますから普段よりも多めのヘム鉄が必要です。
意外に知られていませんが、母乳は血液の色と味が変わっているだけなのです。

それ以外でも女性は毎月生理によって血液が排出されますから、男性よりも多くヘム鉄を摂取しなければいけません。

しかし、実際はヘム鉄が足りていない、貧血気味の女性が多いです。

葉酸もヘム鉄も食事からだけでは、なかなか必要な量を摂ることが難しいのです。

効率的な摂取の仕方は?ヘム鉄と葉酸との相性は?

栄養素には一緒に摂取すると効果が上がるものや、逆に効果が落ちてしまうものもあります。

せっかく体に良い栄養素を摂っているのですから、無駄にはしたくないですよね。

葉酸とヘム鉄の場合は、一緒に摂取しても問題はありません。
一緒に摂取する事で健康な体に導いてくれます。

この二つの栄養素は女性には大事な栄養素なので、最近のサプリには一緒に含まれているものもたくさんあります。

気をつけてほしいのは、鉄分でも「ヘム鉄」と「非ヘム鉄 」があるので、より体に吸収されやすいヘム鉄を選ぶことをおすすめします。

葉酸もヘム鉄も食事からでは量が足りない場合もあるので、サプリでの摂取をおすすめします。